usui_logo_w3.jpg

2012年03月19日

朱花(はねづ)の月

朗報。
直接人と人とは関係ないが
昨年のカンヌ国際映画祭の招待作品でもある、河瀬直美監督の映画「朱花(はねづ)の月」がミラノの国際映画祭でグランプリを受賞した。

自分はこの映画で音楽を担当したシンガーソングライターのハシケンさんに誘って頂いて、ハシケンさんが作ったテーマ曲や挿入曲を演奏させてもらったので、これは凄く嬉しい!!

一部しか分からないが、河瀬さんの映画作りは凄い。
予定調和ではなく、即興的に進めて行く。
しかしそれが決して行き当たりばったりの思い付きではなく、一つ一つが綿密に表現と結び付いて行く。

普段からかなりのアンテナを張り巡らせておかなければ、絶対に出来ない事だ。
河瀬監督の中に表現者としての確固たるブレない作品のテーマがあるからこそ出来る術だと思う。

そんな監督だから、挿入曲のレコーディング時にもハシケンさん共々直接立ち合い、主役の心情や映画そのもののテーマについて、妥協なき演技(?)指導を自分に施してくれた。
その中でも一番印象に残ってるのは、まず始めに言われた

「上手くやろうとか一切思わんといて」

という言葉である。
この言葉とそこから得たものは、あらゆる表現に関わる上で
自分の一生の宝になるだろう。


レコーディングが終った明け方の空は、その日の自分には少々明る過ぎた事を
今でも覚えている。


河瀬さん!おめでとうございます!

http://www.youtube.com/watch?v=cOYsxIFIXeg&sns=em




posted by 人と人 at 16:55| Comment(0) | 徒然なるままにうっすん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

2012.3.5 青山月見ル君想フ ライヴレポート

さて、プログがかなり空いてしまった!
明けましておめでとうございます(笑)。今年はコマメに更新するぞ。

先日の月見ルのライヴにお越し下さった方々、ありがとうございました!
月曜日の雨とあって、今までで一番人は少なかったように思うけど、二ヶ月ぶりのライヴでメンバーのテンションもかなりキテて、今までではベストアクトに近いライヴになったと思います。
今回月見ルでは初めてのアンコールがかかり(笑)嬉しかったー!
これからもどしどし受け付けるぜ(-.-)y-~

次回のライヴは4月17日、月見ル君想フ。詳細またUPします。次回で5回目の出演!
これからも、もっともっと進化していくぜい!

〜2012.3.5 セットリスト〜

1.凸凹
2.遠足と爆弾
3.無言歌
4.負けず嫌いな風景
5.ダッチワイフが泣いた日
6.君のために
EC.Goo!!!


うっすん

posted by 人と人 at 17:10| Comment(0) | ライブレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。